自分で脱毛処理をする時のポイント!キレイに仕上げる方法!

- セルフケアで脱毛をしたい

セルフケアで脱毛をしたい

脱毛をしたことがあるという方は男女・年齢問わず多いのではないでしょうか。
その処理方法にも様々な種類があるでしょう。
手軽に出来るものから本格的に出来るものまであるかと思います。
では、脱毛処理を自宅で行いたいという方のために取り入れられる方法についていくつか触れていきたいと思います。

家庭用脱毛器


金額が幅広く、家電量販店などで手軽に購入できるのが家庭用脱毛器です。
ムダ毛の処理方法は、毛抜きのような痛みが伴うものもありますが、今ではレーザー脱毛が家庭で出来るというプロのような仕上がりになるものも売られています。
レーザー脱毛ですと、痛みを全く感じないという方も多いようです。
仮に感じるとしても、輪ゴムでパチンパチンと弾いたような感覚を受けるといった程度でしょう。
肌質を問いにくいというのも利点かと思います。
ただ、アトピー体質だ・ケガの後などがはっきりとまだある状態だという場合には、ムダ毛部分以外にも反応してしまうこともあるようですので、取扱説明書などをあらかじめしっかりと読むように心がけてください。

毛抜き

比較的にポピュラーで、ワキなど部分的な脱毛処理に取り入れられる方も多いようです。
コストパフォーマンスも高いですし、毛抜きであればどこにでも売られています。
しかしながら、ムダ毛を掴んで引っ張るというのがそのスタンスですので、皮膚に負担をかけてしまいやすいのが難点として考えられるでしょう。
毛穴部分が赤く腫れてしまったり、場合によっては炎症を起こしてしまう「毛嚢炎」などという状態を引き起こしてしまう可能性もありますのであまりオススメとは言えないようです。

脱毛クリーム

入浴中にも使えるものも増えてきて、ドラッグストアでも購入できるというところで人気が高いようです。
痛みなども一切伴わず、初心者の方においても綺麗に処理が出来るという利点もあるでしょう。
また、綺麗な状態をキープしやすく毛周期が延びたと感じる方もいらっしゃるかと思います。
ただ、脱毛クリームはあくまで「薬剤」ですから、肌への負担というものはあります。
ですから、脱毛クリームとの相性などをよく考えてパッチテストなどを行ったうえで取り入れていくと良いでしょう。

セルフケアでも綺麗に仕上がる

いくつかの方法をご紹介しましたが、もちろんこればかりではありません。
プロ同様の仕上がり・サロン並の体感というものはやはり難しいかもしれませんが、美しく仕上げることは十分に可能な製品も多いのです。

更新情報